ラミクタール200mg 30錠

10,000円以上お買上げで送料(1,000円)無料!2箱・3箱の方がお買い得です!
 
タイトル 定価→特別価格 在庫状態 数量 単位  
ラミクタール200mg 30錠 ¥10,330 → ¥ 8,608
売り切れ 30錠 売り切れ
ラミクタール200mg 30錠×2 ¥20,660 → ¥17,016
売り切れ 60錠 売り切れ
ラミクタール200mg 30錠×3 ¥30,990 → ¥25,324
売り切れ 90錠 売り切れ

関連するジェネリック・医薬品一覧

症状

ラミクタールは、興奮性神経伝達物質の働きによる双極性障害や抑うつ状態、躁状態の再発抑制、てんかん患者の治療薬として用いられる薬剤です。脳神経の興奮やけいれん発作を抑え、症状を緩和します。主に、双極性障害とてんかんの改善のために用いられます。

有効成分

ラミクタールには、ラモトリギンという有効成分が主成分として配合された薬剤です。脳神経の興奮を抑制する抗てんかん剤として販売されています。従来の抗てんかん薬で効果が現れない部分発作を持つ新しい抗てんかん約として、てんかん患者に使用されるようになりました。

メカニズム

ラミクタールの有効成分ラモトリギンは双極性障害やてんかんの症状の治療に有効です。てんかんは脳神経の電気信号の異常により発症しますが、ラモトリギンが脳神経の興奮を抑制し発作を抑えます。さらに、ラモトリギンが双極性障害の原因である神経伝達物質の急激な増減を抑えることで、躁状態とうつ状態の気分の振れ幅を穏やかにします。

効果

ラモトリギンの作用で双極性障害やとてんかんを改善します。うつ状態の緩和や再発抑制効果があり、双極性障害(躁うつ病)の治療では気分安定薬としての効果を発揮します。

特徴

ラミクタールは、2008年にラモトリギン配合薬としてグラクソ・スミスクラインから販売されました。国内の病院や薬局で購入できる医療医薬品です。小児用のラモトリギン2mgからラモトリギン100mgの量が用意されています。発売当初は抗てんかん薬として開発されましたが、双極性障害の治療にも有効なことが判明し、現在はてんかんと双極性障害の療法の治療に用いられています。

使用法

ラミクタールは服用日数に応じて使用量が異なります。ラミクタールを単剤で使用する際は開始後を開始してから2週間は1回に1日1錠(25mg)を、次の2週間は1日2錠(50mg)、5週目は1日4錠(100mg)、6週間目以降は1日8錠(200mg)を1回、もしくは2回に分けて服用します。1日最大摂取量は400mg(16錠)とされています。飲み忘れた場合は2回分を1度に摂らず、次の服用のタイミングで1回分服用します。

副作用

ラミクタールの使用によって、頭痛、傾眠、胃腸障害などが現れることがあります。妊娠中、授乳中の服用はできません。また、脳の障害や統合失調症を発症している場合は、担当医師と薬剤師に相談する必要があります。眠気や集中力の低下が起こる場合があるので、服用中の運転は避けてください。

10,000円以上お買上げで送料(1,000円)無料!2箱・3箱の方がお買い得です!
 
タイトル 定価→特別価格 在庫状態 数量 単位  
ラミクタール200mg 30錠 ¥10,330 → ¥8,608
売り切れ 30錠 売り切れ
ラミクタール200mg 30錠×2 ¥20,660 → ¥17,016
売り切れ 60錠 売り切れ
ラミクタール200mg 30錠×3 ¥30,990 → ¥25,324
売り切れ 90錠 売り切れ

関連するジェネリック・医薬品一覧

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です